ドッグフードの異物混入には気を付けて

ドッグフードの異物混入には気を付けて

市販されているドッグフードに異物が混入していたという事例がまま発生しています。こと異物混入に関しては、ドッグフードに関わらず発生しているので、完全に防ぐことはできないのでしょう。

混入した異物によっては、犬の健康に悪影響を与える、あるいはケガをさせる可能性があります。混入している異物の例としては、金属片やプラスチック片などがあります。入っていたのが金属片やプラスチック片なら、健康被害というよりも、誤って口にして口の中や内臓を傷つけてしまう危険性を心配する必要があります。

飼い主としては、異物混入を前提として、飼い犬に与えるドッグフードすべてをチェックしたいところですが、実際には不可能でしょう。お皿に入れてあげるときに気を付けることはできるかもしれませんが、メーカーの製造過程で見逃されるほどの小さな破片を肉眼で見つけるのは難しいと言わざるを得ません。

現実的な対策としては、テレビや新聞のニュースをこまめにチェックして、メーカーからの発表に気を付ける以外に、飼い主にできることはないでしょう。自分が日頃食べるものも同じですが、結局はメーカーを信頼するしかありません。日常的に過剰に警戒していると神経をやられてしまうから、ある程度のリスクは受け入れるしかないでしょう。

あってはならないこととはいえ、現実に起こっている以上、メーカーには異物が混入しないように努力をしてほしいですね。

Top