犬にもアレルギーはあるのでドッグフードにも気を付けよう

犬にもアレルギーはあるのでドッグフードにも気を付けよう

人間のアレルギーになる人が増えています。いろいろ原因はあるようですが、花粉症は言うに及ばず、最近では食物アレルギーの危険性についても広く言われるようになってきました。たとえば、学校の給食における危険性や注意点など、そして悲しい事故についての情報に触れたことがある人も多いでしょう。

人間のアレルギーが増えたのは、生活が近代化したことが原因の一つでしょう。

一方でペットとして飼っている犬も人間と同じ環境にいることによってアレルギー症状に悩まされていても不思議ではありません。

犬のアレルギーはほとんど皮膚炎の形で症状が現れるようです。体についたダニやノミが原因になっていることが多いということですが、ハウスダストの影響を受けていることもあるようです。皮膚炎の見分け方としては、犬が常に体をかく仕草をしたり、全身に湿疹ができたりします。炎症がひどくなると体毛が抜けたりするので、見た目にも異常を見つけやすいでしょう。

また、食べ物であるドッグフードが原因でアレルギー反応を起こすこともあります。症状としては、皮膚炎が起こることもあるし、内臓に影響が出ることもあります。つまりお腹を壊して下痢をすることがあるのですね。

食べ物からもアレルギーの原因物質を吸収することがある以上、ドッグフードの選択は慎重にしたいところです。特に、それまで食べたことのないドッグフードを与えてアレルギー症状がでたら、そのドッグフードの何が原因なのかをよく調べる必要があります。何がアレルギーの原因になっているのかは、素人には判断が付きかねますから、獣医さんのところに相談に行きましょう。

Top